サービス向上部会 第3回研修会のお知らせ

2019年09月30日 UPDATE
カテゴリ:研修のご案内

北信ふくしMねっと法人研修のお知らせ

2019年09月18日 UPDATE
カテゴリ:研修のご案内

2019年度第2回サービス向上部会研修会が開催されました!

2019910日(火)、今年度2回目となるサービス向上部会主催の研修会が開催されました。サービス向上部会の研修会は、良い支援を行うためには支援者自身が元気である必要があることから、「支援者も元気になる!!」を大きなテーマにし、研修会を開催しております。今回は「支援者も元気になる!!~ココロもカラダもリフレッシュ♪~」と題し、レクリエーション講師の春原輝明氏を講師にお招きしました。


20190918.jpg

まずは講義で、身体を動かすことの大切さ、「こわ~い運動不足」や「笑いの効用」などにいて教えて頂きました。その後はレクリエーションの実践です。みんなでになってワイワイとレクリエーションをおこなったり、チーム対抗戦で楽しんだりと、様々なレクリーションを教えて頂きました。皆さん自然にレクエーションにのめり込んでいき、真剣に取り組まていました。初めて会う人とも自然と体を触れ合ったり協力したり、あっという間に打ち解けてしまう感じがありました。楽しみながら、コミュニケーションを深め、身体も動かし、レクリエーションのすごさを実感しました。


 先生からは、「良い支援を行うために、ストレスを持ち越さない事が大切。そのために職場内で"報・連・相"を十分に行うこと。また何か問題が起きた場合には抱え込まずに、職場全体の問題として考えること。他の職場ではどうしているのか情報共有することも大切。」とのお話もいただきました。


 研修会で教えて頂いたことは、利用者とのやり取りにも、職員同士のやり取りにも活かせるものばかりでした。まさに「支援者も元気になる!!」研修会となりました。

20190918②.jpg
20190918③.jpg



2019年09月18日 UPDATE
カテゴリ:活動報告

精神障がい者当事者会「北信みんなネット」のご案内

北信みんなネット2019年.png
お申込みはこちら☟☟

北信みんなネット2019年.pdf
2019年09月09日 UPDATE
カテゴリ:イベント情報

「まなざしラジオ in長野」開催のお知らせ

2019年09月09日 UPDATE
カテゴリ:イベント情報

令和元年度長野県自立支援協議会フォーラム開催のお知らせ

2019年09月06日 UPDATE
カテゴリ:イベント情報

地域生活支援拠点等事業検討会主催 2019年第1回研修会が開催されました!

2019719日(金)、地域生活支援拠点等事業検討会主催の研修会 「児童の支援体制について 昔~今」が開催されました。福祉・教育・行政等様々な立場の方、約60名の参加がありました。

研修会では、北信圏域ならではの児童を支える地域の仕組みについて、その仕組み作りを牽引してこられた福岡寿氏を講師に招き、その歴史・取組についてお話して頂きました。


 北信圏域には「保育園訪問」という仕組みがあります。地域の支援者がチームを作って、各園の年少・年中・年長のクラスを見させて頂き、保育園の先生方と地域の支援者が一緒に気になるお子さんへの支援やクラス作りを考える取組みです。取組みを継続する中で、年長児を見るチームには市町村の教育委員会の就学相談担当者も加わって、対象児の姿を知った上で就学相談が行える仕組みが出来上がってきました。保育園訪問を行うチームの顔ぶれが、相談支援専門員、療育コーディネーター、臨床心理士、保健師、家庭児童相談員、教育委員会就学相談担当者等7名から構成されていたため、「7人の侍」と呼ばれていたそうです。改めて、この取組みのすごさ・重さを感じました。


 福岡さんからのメッセージには、

〇関係機関が縦割りにならず、横のつながりをしっかり持って、小さいころからチーム支援をしていくことが大事。これができていないと、親が必死に勉強して、「自分が何とかしなければ」となってしまう。そうやって親が我が子のために必死になればなるほどクレーマー的にみられてしまう。子は年齢とともに親から離れていくのが通常。親だけが頑張ることのないように、親が支援チームに我が子を託せるようにしていくことが大事。

〇気になるお子さんに関しては、福祉・教育・行政が連携して、乳幼児健診から保育園へののり代、保育園から小学校へののり代を丁寧にもち、何か事が起こらない様に支援会議で様子を追っていく(事が起きてからの支援会議では手遅れ)、その取組みを人が変わっても続けられるよう仕組みにする、また地域の共通理解にすること。


といったこともありました。


 今回の研修会では、この地域の児童支援の経過を教えて頂きましたが、これに限らず、地域にある様々な取組みについて、担当者も変わっていく中で、どういった背景で、どういった狙いで出来上がってきた仕組みなのか、時々振り返る必要性も感じさせられました。経過を踏まえたうえで、この地域の実情に合った取組みの充実に向けて地域生活支援拠点等事業検討会も協議を進めていきたいと思います。


010805.jpgのサムネイル画像  010805②.jpgのサムネイル画像



2019年08月05日 UPDATE
カテゴリ:活動報告

お知らせカテゴリ

お知らせアーカイブ

資料らいぶらり

Copyright © Hokushinchiiki Shougaifukushi Jiritsushienkyogikai All Rights Reserved.