「二次障害を起こさないための支援者の関わり方」研修会が開催されました!!!(地域生活拠点等事業検討会主催)

H30115日(月)

 『二次障害を起こさないための支援者の関わり方』

をテーマに、研修会が開催されました。

 

講師は、日本相談支援専門員協会 顧問 福岡寿氏にお越しいただきました。


障害福祉サービス事業所の方はもちろん、医療関係者、保育関係者、行政関係者等幅広い分野から、83名と大勢の方にご参加いただきました。


「二次障害を起こさないための支援者の関わり方」として、支援者の役割は何か、利用者の特性に対する十分な配慮をすること、支援者間でのブレない支援の統一の必要性等について、事例をまじえて具体的に、わかりやすく、そして面白く、お話してくださいました。


プロの支援者とは何か、日々の支援は適切か、チーム力で応援できているか...色々と考えさせられる研修会でした。参加された皆さんからも、「日々の支援の振り返りができた」「何度も繰り返して聞きたい」と好評を頂きました。


北信地域障がい福祉自立支援協議会としては、今年度最後の研修会となりました。また来年度も日々の支援に活かせるよう様々な研修会を予定していきます。ご参加お待ちしております。


H300115ph1.jpgH300115ph2.jpg

2018年01月29日 UPDATE
カテゴリ:活動報告

お知らせカテゴリ

お知らせアーカイブ

資料らいぶらり

Copyright © Hokushinchiiki Shougaifukushi Jiritsushienkyogikai All Rights Reserved.