各部会別の活動状況 : 精神部会

平成29年度第2回精神部会議事録

2017年07月21日 UPDATE
カテゴリ:精神部会

平成29年度第1回精神部会議事録

2017年05月03日 UPDATE
カテゴリ:精神部会

精神地域移行・地域定着部会主催 第3回家族研修会が開催されました!

 H281119日(土)、今年度最後となる第3回家族研修会が開催されました。

今回のテーマは「当事者の体験談+交流会」


研修会の前半は、同部会で行っている「仲間としゃべろう会 虹」の立ち上げから

現在まで一緒に活動している2名の方からお話をしていただきました。


「仲間としゃべろう会 虹」は仲間同士、気軽にお話が出来る場として、月1回開催しています。

今回はお二人の方に、病気の経過や、家族の対応で嫌だった事・良かったこと、

同じ病気を持つ方に伝えたい事、今後の夢や目標などをインタビューさせていただきました。

第3回家族研修会①.jpg

その後、2グループに分かれて交流会を開催。

ご家族、当事者、支援者、さまざまな立場の方がいらっしゃいましたが、

みんなでお茶を飲みながら、ざっくばらんにお話をすることができました。

どちらのグループも盛り上がっていて、短い時間でしたが、

それぞれ想いを話すことが出来たのかなと感じました。

また、こんな風に気軽にお話できる場の必要性も改めて感じました。

第3回家族研修会②.jpg

2016年11月22日 UPDATE
カテゴリ:精神部会

精神地域移行・地域定着部会 ^主催 第2回家族会が開催されました

H28年10月29日(土)、北信総合病院にて、「家族の対応・接し方のポイント」と題し、

長野松代総合病院心療内科・精神科の福家先生よりご講演いただきました。


P1000517①.jpg


 家族の接し方は疾患を抱えている方にとって、とても重要になるそうです。

「感情的な対応」ではなく「穏やかな対応」をすることで、再発率が低くなること、

ご本人中に問題がある(本人自身の問題)と思わず、問題をご本人と家族が共同で考えていくこと

が大切であるとのこと。


また家族の経験や主観でアドバイスをしてしまいがちですが、患者さんの見える景色を想像すること

が大切である等のお話をいただきました。


P1000521②.jpg

 

 ポイントと感じたのは、

「寄り添う事が共感ではなく、患者本人が『わかってくれた』と感じる事のできる事が共感」

であること。



この他には、

「議論と説得は禁物。正論はやめ、上から目線ではなく横の関係を」

など分かりやすく実践できるポイントを教えていただきました。


P1000523③.jpg


その中でも、日常の中で実践しやすいのはあいさつ


あいさつとは

「あなたはここに居て良い存在ですよ」を伝えられるもの。

「あなたはここに居ていい」というメッセージを伝えるために、

返事がなくてもあいさつを続けていきたいですね。



 次回第3回家族研修会を11月19日(土)に開催します。

第3回は

当事者の方の経験談を伺い、みんなでお茶を飲みながら交流会をしたいと思います。

今年度最後の家族研修会となります。ぜひご参加ください。


2016年11月08日 UPDATE
カテゴリ:精神部会

各部会別の活動状況

月別の活動状況

資料らいぶらり

Copyright © Hokushinchiiki Shougaifukushi Jiritsushienkyogikai All Rights Reserved.